soccerjp

Posts Tagged ‘Ruud Gullit’

プレミアリーグ監督さよなら

In 1 on 2月 17, 2009 at 8:24 am

door

イングランド・プレミアリーグは世界で一番エキサイティングなリーグだと思います。いつも勝つ、いつもゴール、いつもクビ!

ケビン・キーガン (Kevin Keegan)

昔ニューカッスル・ユナイテッドの一番人気な監督です。でも、チームのオーナーと合わなかったので辞めました。期待とファンのプレッシャーがありすぎて本当に仕事が出来ませんでした。ニューカッスル・ユナイテッドの成功は彼にしかなし得ません。

ファンデ・ラモス (Jaunde Ramos)

トッテナム・ホットスパーの前監督です。彼は英語を話せなくても、フットボールリーグカップで勝ちました。英語を話せないから、クビになりました。

ロイ・キーン (Roy Keane)

サンダランドの前監督です。彼は怖すぎて、成功しました。そして、周りの人に怖がられて、仕事を辞めました。

ポール・インス (Paul Ince)

ブラックバーンの前監督です。彼には時間が必要でしたが、時間がありませんでした。仕方ない。プレミアリーグですね。たしか、初の黒人のプレミアリーグ監督です。じゃー、ルート・フリットは誰?

ルイス・フェリペ・スコラーリ(Luiz Felipe Scolari)

チェルシーの前監督です。やっぱり運が足りず、クビになりました。ま〜クラブの監督経験が少ないからですね。クラブの監督というのは、すぐ成功しないとだめみたいです。

広告

ロマン・アブラモヴィッチ (Roman Abramovich) – さよなら

In サッカー, チェルシー, プレミアリーグ on 2月 13, 2009 at 9:41 am

rom
数週間前、ロマン・アブラモヴィッチはチェルシーを売りたがっていました。ま〜ね〜。もちろん何でもかんでも勝ちたいけど、彼はその勝つスタイルにもこだわりを持っています。

マンチェスター・ユナイテッドにはクリスティアーノ・ロナウドがいます。ACミランにはカカがいます。チェルシーには誰もいません。

今の新しい監督はフース・ヒディンクですが、他のオランダ人を選んだ方がいいと思います。中でも、ルート・フリットが適任だと思います。

笑わないで。

彼は昔チェルシーの監督だったんですよ。で、もちろんそのチームだけ成功しました。彼にはスタイルがあり、チェルシーにもスタイルが必要です。このスタイルは、まさにロマン・アブラモヴィッチが欲しいスタイルです。

Ruud Gullit(ルート・フリット)- Part 3

In 1, イギリス, サッカー, チェルシー, プレミアリーグ on 12月 26, 2008 at 8:38 am

彼は次にフェイエノールトの監督になりました。彼は昔このチームでプレーしていました。ファンが彼の復帰を喜びましたが、プレッシャーがあり過ぎて成績があまりよくなくて、結局監督をやめました。

しかし、彼はあのベッカムのいるアメリカのチーム・ロサンゼルス・ギャラクシーの監督になりました。そこでの成績はあまり悪くはなかったのですが、アメリカのサッカー文化にあまり馴染めず、やはりまたやめました。

でも、彼はかっこいいし、「セクシーフットボール」という魅力的な口癖もあるから、何となく次も監督が出来そうです。そんなに監督としてはあまりうまくないと思うけど。

Ruud Gullit(ルート・フリット)- Part 2

In サッカー, チェルシー, ニューカッスル, プレミアリーグ on 12月 24, 2008 at 7:49 am

彼はだんだん有名になると、よくメディアに登場したり、自分のブランドの店を開いたり、ファッションショーにも行ったりするようになりました。チェルシーのトップの人からサッカーに集中してないと注意されましたが、チームの順位はその時2番目でした。しかし、結局彼はやめさせられました。これはとてもおかしいと言われています。

その後、彼はニューカッスルのチームの監督になりました。そこでは成績自体はあまりよくありませんでした。なぜなら、アラン・シアラーというニューカッスルとイングランドチームで大人気のストライカーとよく喧嘩して、チームの雰囲気がだんだん悪くなっていったからです。そのため、彼は監督をやめました。しかし、彼がやめる前、FAカップファイナルに進みました。