soccerjp

Posts Tagged ‘Dimitar Berbatov’

ドリームチームは夢でしょう?Dream Team

In サッカー, チャンピオンズリーグ, プレミアリーグ, マンチェスターユナイテッド on 1月 29, 2009 at 5:43 am

ドリームチームは夢でしょう?現実的には、世界のベストプレーヤーが集まるのではなく、相性が必要だと思います。例えば、チェルシーやマンチェスターシティのようにお金があってもプレミアリーグチャンピオンになれるわけではありません。

システム

4−4−2

監督

サー・アレックス・ファーガソン

ゴールキーパー

エトヴィン・ファン・デル・サール。彼は世界のベストゴールキーパーではないけど、最近は一つもゴールされていません。

サイドバック(左)

パトリス・エヴラ。パワー、ペース、ゴールも出来る選手です。モダン・ディフェンダーです。

サイドバック(右)

ガリー・ネビル。チームの中で一番弱いけど、キャプテンです。チームには必ずキャプテンが必要だから。

センターバック

リオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチ。世界で一番強いペアじゃないですか。

ウイング(左)

ロナウジーニョ。もう前のような選手じゃないけど、有名だから他の選手は彼を怖がります。

ウイング(右)

クリスティアーノ・ロナウド。現在の世界ベストプレーヤーです。説明はいりません。

ミッドフィールダー・センターハーフ

スティーヴン・ジェラードとマイケル・エッシェン。プレミアリーグのベストミッドフィールダー。

フォワード

ウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフ。相性がいいと思います。

広告

Cristiano Ronaldo – Best Player in the World 本当に?

In プレミアリーグ, マンチェスターユナイテッド on 1月 28, 2009 at 5:59 am

cr6

マンチェスター・ユナイテッドの調子がいい時は彼も調子がいいと思います。最近のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンの試合でもその通りでした。でも、チームの調子が悪い時、本当に彼は世界のべストプレーヤーですか?

世界のベストプレーヤーは実はウェイン・ルーニーじゃないですか?チームの調子が悪い時、彼がいれば勝つチャンスが高いと思います。今はケガをしているので、戻ってきたらどうなるかが一番心配です。

ウェイン・ルーニーの代わりに入ったカルロス・テベスは、あまりうまく出来ません。一生懸命プレーしても、なかなかゴールできません。カルロス・テベスは多分夏いないと思います。残念です。

ま〜ゴールを決めれる唯一の選手はディミタール・ベルバトフだと思います。彼はいい選手だけど、やる気がなさそうに見えます。でも、なぜかゴールは出来るんです。

カルロス・テベス – レアル・マドリード?

In イギリス, イングランド, サッカー, プレミアリーグ, マンチェスターユナイテッド, マンチェスター・シティ on 1月 7, 2009 at 7:53 am

カルロス・テベスは現在、マンチェスター・ユナイテッドに所属していますが、契約は今年の夏までです。その後はどうするのかな?彼はとても人気があるし、監督も彼をとても大切に思っているけど、最近あまり試合に出ていません。そして、自分の実力もだんだんレベルが下がっているようです。

彼には試合に出場する事が必要です。試合にもっと出れば、前のような彼本来の力が戻ってくるはずです。でも、同じチームにウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフがいるので、ちょっと難しそうです。

ただ、マンチェスター・ユナイテッドにとって彼は必要な存在だと思います。なぜなら、マンチェスター・ユナイテッドにはストライカーが三人しかいません。実は四人必要です。

もし、彼が今年の夏契約を延ばさなかったら、彼は、他の強いチームに移籍する可能性があります。例えば、レアル・マドリードとかバルセロナ、さらにマンチェスターシティに行ってしまうかも!これは、とても危ない!理由は分かりますよね。

Dimitar Berbatov (ディミタル・ベルバトフ)

In 1 on 12月 12, 2008 at 5:37 am

最近ずっとマンチェスターユナイテッドの話ばかりですね。今日もしてしまいます!

かれかれかれ!

ま!とにかく彼はマンチェスターユナイテッドの選手で、ポジションはフォワードです。彼はブルガリアの年間MVPを四回も獲得しました。

彼の特徴は、背が高く、スキルがあると言われています。僕はあまり特別とは思いませんが、彼がチームでプレーするとチーム全体のバランスがいい状態に保たれると思います。

要するに、マンチェスターユナイテッドにとって欠かせない選手だということです。ね。