soccerjp

プレミアリーグ監督さよなら

In 1 on 2月 17, 2009 at 8:24 am

door

イングランド・プレミアリーグは世界で一番エキサイティングなリーグだと思います。いつも勝つ、いつもゴール、いつもクビ!

ケビン・キーガン (Kevin Keegan)

昔ニューカッスル・ユナイテッドの一番人気な監督です。でも、チームのオーナーと合わなかったので辞めました。期待とファンのプレッシャーがありすぎて本当に仕事が出来ませんでした。ニューカッスル・ユナイテッドの成功は彼にしかなし得ません。

ファンデ・ラモス (Jaunde Ramos)

トッテナム・ホットスパーの前監督です。彼は英語を話せなくても、フットボールリーグカップで勝ちました。英語を話せないから、クビになりました。

ロイ・キーン (Roy Keane)

サンダランドの前監督です。彼は怖すぎて、成功しました。そして、周りの人に怖がられて、仕事を辞めました。

ポール・インス (Paul Ince)

ブラックバーンの前監督です。彼には時間が必要でしたが、時間がありませんでした。仕方ない。プレミアリーグですね。たしか、初の黒人のプレミアリーグ監督です。じゃー、ルート・フリットは誰?

ルイス・フェリペ・スコラーリ(Luiz Felipe Scolari)

チェルシーの前監督です。やっぱり運が足りず、クビになりました。ま〜クラブの監督経験が少ないからですね。クラブの監督というのは、すぐ成功しないとだめみたいです。

広告
  1. […] ただし、プレッシャーが凄すぎ、監督は短期間で勝利数が少ないとすぐクビです。でもスティーブ・ギブソンは特別です。チームが何回負けても、降格しても、監督をずっと応援します。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。