soccerjp

Archive for 2009年2月|Monthly archive page

イングランドの監督に英語いらない!!?

In イングランド, プレミアリーグ on 2月 18, 2009 at 3:10 am

english

最近英語を勉強したくなりましたが、一番いいのは外国人の彼女を作ることだと言われます。(笑)プレミアリーグの監督になるより難しい。

僕はサッカー好きなので、海外の選手のインタビューを見るとき勉強になりますが、僕はアメリカの英語に慣れていて海外の選手の話があまり分からないと思っていたけど、実は、海外の選手が皆ブロークン・イングリッシュをしゃべっているそうです。こんな英語に慣れてしまったら困る!

日本人の選手が海外チームに行ったら、皆どうするんだろう?

広告

プレミアリーグ監督さよなら

In 1 on 2月 17, 2009 at 8:24 am

door

イングランド・プレミアリーグは世界で一番エキサイティングなリーグだと思います。いつも勝つ、いつもゴール、いつもクビ!

ケビン・キーガン (Kevin Keegan)

昔ニューカッスル・ユナイテッドの一番人気な監督です。でも、チームのオーナーと合わなかったので辞めました。期待とファンのプレッシャーがありすぎて本当に仕事が出来ませんでした。ニューカッスル・ユナイテッドの成功は彼にしかなし得ません。

ファンデ・ラモス (Jaunde Ramos)

トッテナム・ホットスパーの前監督です。彼は英語を話せなくても、フットボールリーグカップで勝ちました。英語を話せないから、クビになりました。

ロイ・キーン (Roy Keane)

サンダランドの前監督です。彼は怖すぎて、成功しました。そして、周りの人に怖がられて、仕事を辞めました。

ポール・インス (Paul Ince)

ブラックバーンの前監督です。彼には時間が必要でしたが、時間がありませんでした。仕方ない。プレミアリーグですね。たしか、初の黒人のプレミアリーグ監督です。じゃー、ルート・フリットは誰?

ルイス・フェリペ・スコラーリ(Luiz Felipe Scolari)

チェルシーの前監督です。やっぱり運が足りず、クビになりました。ま〜クラブの監督経験が少ないからですね。クラブの監督というのは、すぐ成功しないとだめみたいです。

サッカー選手はカカかバカ?

In イングランド, チェルシー on 2月 16, 2009 at 2:56 pm

 

frank
テレビを見ていると、サッカー選手のしゃべり方ってバカっぽくないですか?でも騙されないでください。そういう選手は意外と偉いかもしれません。

例えば、イギリスの昔のイングランドサッカー選手、カールトン・パーマーです。彼は確かケンブリッジ大学を卒業したらしいのです。すごいですね。ただ、彼についてあまり知りません。残念。

次に、現在のチェルシーのフランク・ランパードです。彼はどこの大学出身か分からないけど、高校時代ラテン語の試験でトップだったそうです。ラテン語って、この世界で誰が知っているでしょう。日本なら誰も知らないでしょう。すごい。

ロマン・アブラモヴィッチ (Roman Abramovich) – さよなら

In サッカー, チェルシー, プレミアリーグ on 2月 13, 2009 at 9:41 am

rom
数週間前、ロマン・アブラモヴィッチはチェルシーを売りたがっていました。ま〜ね〜。もちろん何でもかんでも勝ちたいけど、彼はその勝つスタイルにもこだわりを持っています。

マンチェスター・ユナイテッドにはクリスティアーノ・ロナウドがいます。ACミランにはカカがいます。チェルシーには誰もいません。

今の新しい監督はフース・ヒディンクですが、他のオランダ人を選んだ方がいいと思います。中でも、ルート・フリットが適任だと思います。

笑わないで。

彼は昔チェルシーの監督だったんですよ。で、もちろんそのチームだけ成功しました。彼にはスタイルがあり、チェルシーにもスタイルが必要です。このスタイルは、まさにロマン・アブラモヴィッチが欲しいスタイルです。