soccerjp

Archive for 2009年1月|Monthly archive page

ロスト・イン・トランスレーション (Lost in Translation)

In イギリス, イングランド, サッカー, プレミアリーグ, マンチェスターユナイテッド on 1月 30, 2009 at 3:52 am

vidic1

日本人にイギリスについて聞くと、イメージ的には、スコーン、紅茶、フィッシュ・アンド・チップス、デビッド・ベッカムという答えがほとんどだと思います。でも、実際イギリスにはいろんな国があります。しかも、それぞれの言葉や発音も違います。それは外国のサッカー選手にとって一番の問題だと思います。

例えば、日本人の選手がスコットランドに行くと、英会話の学校にはほとんどアメリカ人がいるでしょう。それか、一生懸命英語を勉強しても、スコットランドに行くと訳が分からなくなってしまいました。しかも、スコットランドで勉強して帰国すると、誰もその英語が分かりません。

これは日本人だけの問題ではありません。マンチェスター・ユナイテッドのネマニャ・ヴィディッチも同じです。彼はイングランドの学校で英会話を勉強しましたが、チームの監督サー・アレックス・ファーガソンのスコットランドの発音が強すぎて、英会話の授業を辞めました。役に立たないからだそうです。

広告

ドリームチームは夢でしょう?Dream Team

In サッカー, チャンピオンズリーグ, プレミアリーグ, マンチェスターユナイテッド on 1月 29, 2009 at 5:43 am

ドリームチームは夢でしょう?現実的には、世界のベストプレーヤーが集まるのではなく、相性が必要だと思います。例えば、チェルシーやマンチェスターシティのようにお金があってもプレミアリーグチャンピオンになれるわけではありません。

システム

4−4−2

監督

サー・アレックス・ファーガソン

ゴールキーパー

エトヴィン・ファン・デル・サール。彼は世界のベストゴールキーパーではないけど、最近は一つもゴールされていません。

サイドバック(左)

パトリス・エヴラ。パワー、ペース、ゴールも出来る選手です。モダン・ディフェンダーです。

サイドバック(右)

ガリー・ネビル。チームの中で一番弱いけど、キャプテンです。チームには必ずキャプテンが必要だから。

センターバック

リオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチ。世界で一番強いペアじゃないですか。

ウイング(左)

ロナウジーニョ。もう前のような選手じゃないけど、有名だから他の選手は彼を怖がります。

ウイング(右)

クリスティアーノ・ロナウド。現在の世界ベストプレーヤーです。説明はいりません。

ミッドフィールダー・センターハーフ

スティーヴン・ジェラードとマイケル・エッシェン。プレミアリーグのベストミッドフィールダー。

フォワード

ウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフ。相性がいいと思います。

Cristiano Ronaldo – Best Player in the World 本当に?

In プレミアリーグ, マンチェスターユナイテッド on 1月 28, 2009 at 5:59 am

cr6

マンチェスター・ユナイテッドの調子がいい時は彼も調子がいいと思います。最近のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンの試合でもその通りでした。でも、チームの調子が悪い時、本当に彼は世界のべストプレーヤーですか?

世界のベストプレーヤーは実はウェイン・ルーニーじゃないですか?チームの調子が悪い時、彼がいれば勝つチャンスが高いと思います。今はケガをしているので、戻ってきたらどうなるかが一番心配です。

ウェイン・ルーニーの代わりに入ったカルロス・テベスは、あまりうまく出来ません。一生懸命プレーしても、なかなかゴールできません。カルロス・テベスは多分夏いないと思います。残念です。

ま〜ゴールを決めれる唯一の選手はディミタール・ベルバトフだと思います。彼はいい選手だけど、やる気がなさそうに見えます。でも、なぜかゴールは出来るんです。

デビッド・ベッカム (David Beckham)

In サッカー, セリアA, ベッカム on 1月 27, 2009 at 7:00 am

bk

この選手はもちろん世界で有名です。特に日本。マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリード、そしてACミランへと、世界の三大クラブチームを回ったんじゃないですか!しかもイタリアでパーフェクトデビューしました。イタリアで最初の試合にスタミナを確認し、次の試合でアシストに成功し、その次の試合でゴールを決めました。さらに、その試合をイングランドの監督が見ていました。 カンペキベッカムですね。