soccerjp

Ruud Gullit(ルート・フリット)- Part 3

In 1, イギリス, サッカー, チェルシー, プレミアリーグ on 12月 26, 2008 at 8:38 am

彼は次にフェイエノールトの監督になりました。彼は昔このチームでプレーしていました。ファンが彼の復帰を喜びましたが、プレッシャーがあり過ぎて成績があまりよくなくて、結局監督をやめました。

しかし、彼はあのベッカムのいるアメリカのチーム・ロサンゼルス・ギャラクシーの監督になりました。そこでの成績はあまり悪くはなかったのですが、アメリカのサッカー文化にあまり馴染めず、やはりまたやめました。

でも、彼はかっこいいし、「セクシーフットボール」という魅力的な口癖もあるから、何となく次も監督が出来そうです。そんなに監督としてはあまりうまくないと思うけど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。