soccerjp

Archive for 2008年12月|Monthly archive page

Gianfranco Zola(ジャンフランコ・ゾラ)- Part 1

In 1, サッカー, プレミアリーグ on 12月 30, 2008 at 10:33 pm

彼はとてもすばらしい選手です。彼は、ルート・フリットの「セクシーフットボール」の改革でイギリスのプレミアリーグに連れてこられました。

彼は背が低いけど、だからこそ遠心力があります。とてもスキルが高い人です。そして、フリーキックもすごいです。この人がチームにいれば必ず勝つとしか思いません。ちょっと言い過ぎかな。

さらに、彼の性格はとてもいいです。優しいし、悪口を言わない人です。他のプレミアリーグの選手に比べたらとても珍しい人です。

年をとってもスキルがあるので、まだまだ続けられると思われていましたが、彼自身はプレミアリーグから身を引きました。そして、自分の故郷イタリアの大切なチームでプレーすることに決めました。このチームは~

超バカ!超おもしろい!超プレミアリーグ!

In サッカー, プレミアリーグ on 12月 29, 2008 at 10:00 am

イギリスのプレミアリーグは世界NO.1です。間違いない!パッションがあります。パワーもあります。そしてエンターテイメントもあります。パッションというのは、選手がそれぞれ皆一生懸命働き、下の方のあまりお金がないチームでも、上位のお金のあるチームに負けないようにがんばってプレーしています。

パワーというのは、クリスティアーノ・ロナウドのように、ゴールが遠くても自分でシュートするし、ウェイン・ルーニーは、体が強いので、ボーリングボールのように、当たった人は、すべてピンのように倒れます。

そして、エンターテイメントというのは、最近行われたウェストハム・ユナイテッドとストークシティの試合で、ストークシティの選手の一人が、同じチームのキャプテンを叩いて、レッドカードを受けました。

超バカ!超おもしろい!超プレミアリーグ!

Ruud Gullit(ルート・フリット)- Part 3

In 1, イギリス, サッカー, チェルシー, プレミアリーグ on 12月 26, 2008 at 8:38 am

彼は次にフェイエノールトの監督になりました。彼は昔このチームでプレーしていました。ファンが彼の復帰を喜びましたが、プレッシャーがあり過ぎて成績があまりよくなくて、結局監督をやめました。

しかし、彼はあのベッカムのいるアメリカのチーム・ロサンゼルス・ギャラクシーの監督になりました。そこでの成績はあまり悪くはなかったのですが、アメリカのサッカー文化にあまり馴染めず、やはりまたやめました。

でも、彼はかっこいいし、「セクシーフットボール」という魅力的な口癖もあるから、何となく次も監督が出来そうです。そんなに監督としてはあまりうまくないと思うけど。

Ruud Gullit(ルート・フリット)- Part 2

In サッカー, チェルシー, ニューカッスル, プレミアリーグ on 12月 24, 2008 at 7:49 am

彼はだんだん有名になると、よくメディアに登場したり、自分のブランドの店を開いたり、ファッションショーにも行ったりするようになりました。チェルシーのトップの人からサッカーに集中してないと注意されましたが、チームの順位はその時2番目でした。しかし、結局彼はやめさせられました。これはとてもおかしいと言われています。

その後、彼はニューカッスルのチームの監督になりました。そこでは成績自体はあまりよくありませんでした。なぜなら、アラン・シアラーというニューカッスルとイングランドチームで大人気のストライカーとよく喧嘩して、チームの雰囲気がだんだん悪くなっていったからです。そのため、彼は監督をやめました。しかし、彼がやめる前、FAカップファイナルに進みました。